Language
ひな祭り

ひな祭り

本陣平野屋 花兆庵HOME > ひな祭り

本陣平野屋のひな祭り

本陣平野屋のひな祭り

4月3日のひなの節句 飛騨では、ひな人形のことをおひなさまと呼びます。飛騨の子供たちは、連れ立って、各家のおひなさまを訪ね歩き、迎えた家の人からお菓子をもらう習慣もありました。「ひなさま見しとくれ、おぞて(悪くて)もほめるに」という節まわしの唄を歌いながら、歩く子供たちの姿は長い冬を乗り越え、やっと春が来たと、季節を告げるよろこびでもありました。

毎年恒例 春の訪れが遠い飛騨地方では、ひと月遅れのひな祭りです。【雛人形展示期間】3月上旬~4月3日

4月3日のひなの節句
飛騨では、ひな人形のことをおひなさまと呼びます。飛騨の子供たちは、連れ立って、各家のおひなさまを訪ね歩き、迎えた家の人からお菓子をもらう習慣もありました。 「ひなさま見しとくれ、おぞて(悪くて)もほめるに」という節まわしの唄を歌いながら、歩く子供たちの姿は長い冬を乗り越え、やっと春が来たと、季節を告げるよろこびでもありました。
毎年恒例 春の訪れが遠い飛騨地方では、ひと月遅れのひな祭りです。
【雛人形展示期間】3月上旬~4月3日

御殿雛の写真
御殿雛
6畳和室いっぱいに組みたてられたおひなさま。 畳一畳分の大きさの御殿には、男雛女雛と共に5人の官女、お庭に見立てた 毛せんの上には、仕丁さんや随臣たち。 圧巻は、その道具の数に、お膳ぞろえから 十二ヶ月の絵変わり朱杯等、当時の隆盛をものがたります。
享保雛の写真
享保雛
大きな1対のおひなさまは江戸時代に流行った、面長、切れ長の美しい お顔立ちと雛のふんわりとした袴が特徴です。

高山市では毎年「飛騨高山雛まつり」(3月1日~4月3日)が開催されます。 本陣平野屋では、100体以上のおひなさまコレクションを飾りつけています。 享保雛・古今雛・御殿雛等、古代からのおひなさまに加え、各地方のおひなさま等、 毎年飾り付けに趣向をこらしており、たくさんの方が見学におこしです。

ひな人形写真1
ひな人形写真2
玄関に飾り並べた雛の数々。3日間かけて飾り、毎年並べ方は変わります。
豆雛の写真
木箱のふたを開けると小さな豆雛の段かざり

ひな人形写真4 ひな人形写真5 ひな人形写真6


ひな膳

3月1日から4月3日までは、花兆庵・別館ともに、「月替わり会席」が『おひな様仕立て』になります。
春らしくかわいらしい「ひな膳」で至福の旅をお楽しみ下さいませ。

本陣 平野屋 花兆庵

  • 花兆庵お料理例1 花兆庵お料理例2 花兆庵お料理例3
  • 花兆庵お料理例4 花兆庵お料理例5
※お料理の一例です

本陣 平野屋 別館

別館お料理例
※お料理の一例です